デメリット面から考えるオリジナルTシャツの作成

自分で書いたイラストやペットの写真などをTシャツにプリントすれば、世界にたった1枚の自分だけのTシャツを作ることが出来ます。また、オリジナルTシャツは、イベントや飲食店のスタッフのユニフォームとしてもおすすめです。スタッフ全員がイベント名や店のロゴ、キャラクターが入ったTシャツを着用することで、イベントやお店の事を多くの人に知ってもらえますし、お客さんにとっても、スタッフ全員が揃いのTシャツを着用していることで、一般客とスタッフが見分けが付きやすくなるという点も大きなメリットと言えます。このように数多くのメリットがあるオリジナルTシャツですが、作成する場合はメリット以外に、デメリット面についてもよく理解しておくことが大切と言えます。

色落ちのリスクがあるので洗濯に気を使う

デメリットとしてまず挙げられるのが、色落ちのリスクが有るという点です。プリントの方法によって色落ちし難い物もありますが、一般的には市販のプリントTシャツに比べて落ちしやすくなっています。また、アイロンプリントは色落ちのリスクは低いものの、洗濯によって剥がれてしまうリスクが存在するため、特に自分でアイロンプリントする場合は注意が必要です。色落ちや剥がれのリスクを減らすためにも、洗濯する場合は白色や繊細な作りや素材で出来た衣類など、色移りが気になる衣類とは別に洗濯するのがおすすめと言えます。直接洗濯機に入れて洗うのではなく、洗濯ネットに入れて洗ったり、出来るだけ弱い水流で洗うなどの工夫をする事で、美しさを出来るだけ長持ちさせる効果が期待出来ます。

コストがかかってしまうデメリットもある

市販のTシャツに比べて金銭面で割高になる点もデメリットの一つと言えます。自分でプリントすれば、専門業者に依頼するよりも安価で作成出来そうですが、仕上がり具合や強度が問題になることが多くなりますし、作るのに必要な用具を一から揃えなければならない場合、かえって割高になってしまう場合があります。専門業者に依頼すれば自分で作成した場合よりも美しく作ることが出来ますし、面倒な手間をかけずにオリジナルTシャツを作成することが出来ます。また、専門業者によってTシャツ1枚の作成単価がそれぞれ違いますし、大量に注文すればコストが下げられる場合も多いので、依頼する場合は出来るだけ多くの専門業者をよく比較してみることで、低コストでオリジナルTシャツを作成することが可能です。